北海道働き方改革推進企業認定(シルバー認定)を更新しました。

株式会社谷組では職員の働き方改革を進めており、以前から取得していた「北海道働き方改革推進企業認定(シルバー認定)」の有効期限が近くなってきた事から、申請基準に基づき再登録申請を行ったところ、引き続き「北海道働き方改革推進企業認定(シルバー認定)」を受けることが出来ました。

今回、北海道働き方改革推進企業認定(シルバー認定)で申請した項目として、
○ 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動敬作の届出と実践
○ 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の届出と実践
○ 高年齢者65歳以上及び70歳以上の新規雇用実績
○ 障がい者就労支援企業認定制度の認証
○ 職場定着率向上の取組(高卒新規採用離職者数)
○ 定年後(65歳)も引き続き働ける環境の整備(定年後再雇用制度)
○ 年次有給休暇取得率67%以上(令和4年度84.4%)
○ 非正規雇用から正規雇用への転換制度の整備と転換実績
○ 多様な正社員制度の導入実績(短時間勤務制度の導入)
○ 育児・介護休業法に定める各休業制度等と同程度以上の規定の整備
○ 女性の育児休業取得率
○ 就業環境の改善に資する取組の実践(有給休暇取得促進のための計画有給、有給推奨の実践)
○ 新商品・新サービス開発による付加価値向上の取組の実践(農業参入・フルーツトマト等の生産)
○ 労働生産向上につながる技術導入及び効率性の向上に向けた人材育成の実践(若年者に対する大型・大特免許取得支援制度等の導入)

株式会社谷組×SDGs

ゼロカーボン北海道

Instagram

◆ 除雪機械体験試乗会ダイジェスト動画(2024/02/23)
◆除雪機械体験試乗会を開催いたしました!
【除雪機械体験試乗会開催のご案内】
明けましておめでとう御座います。
2023年12月19日、東和土地改良区にて、旭川開発建設部発注「旭東東神楽地区98農区区画整理工事」にて、志比内第2幹線南支線の土砂撤去作業の地域貢献活動について感謝状を授与されました。
2023年11月中旬の3日間、旭川開発建設部発注「天塩川改修工事の内下川水防拠点整備工事」の地域貢献活動として、下川町立下川中学校の校庭内にある植栽の維持管理作業を行い、低木のオンコ10本を寄贈し学校周辺の景観を改善する活動を行いました。
◆ 旭川建設管理部維持管理に関する功労者表彰を授与されました。
株式会社谷組では、令和5年度・名寄市企業版ふるさと納税並びに地域貢献活動の一環としてNPO法人日本自治ACADEMYが制作発行している「見て知る地図情報・北海道マップ2023 ~将来推計人口版~」を購入し、名寄市内小学4年生~6年生の全児童及び全小学校へ寄贈した地域貢献活動に対し、令和5年11月3日(文化の日)に名寄市より善行表彰を頂きました。
令和5年10月23日、除排雪作業・除排雪車両の安全作業・無事故無災害を願い、安全祈願を行いました。
令和5年9月28日(木)、北海道開発局旭川開発建設部名寄河川事務所サンルダム管理支所主催による「2023 第24回 郷土の森づくり」に谷組から6名の職員が参加し、下川町珊瑠(町道12線付近)にて植樹会を行いました。
9月20日、秋の交通安全運動にあわせ、北海道維持除雪管理ネットワーク協議会主催による、士別地区及び美深地区の国道維持業者6社合同による「旗の波交通安全運動」に参加しました。
9月11日・13時30分から、名寄市役所応接室にて北星信用金庫様と合同で北海道マップ贈呈式を行いました。
9月8日(金)、下川小学校にて4年生(児童数20名)を対象とした「出前教室」を行いました。
2023年9月8日・下川小学校4年生の教室にお邪魔し、出前教室を開催いたしました。出前教室内で「これから将来に渡って下川町の川をきれいにしていくためにはどのようにしたらよいか?」について、4班に分かれグループ討議を行いグループの代表者から発表を行いました。その時の各グループ代表による発表の様子です。
株式会社谷組では、地域貢献活動の一環として下川小学校の全生徒にNPO法人日本自治ACADEMYが制作、販売している北海道マップ(将来推計人口版)を毎年贈呈しており、2023年度についても学校へ出向き、校長先生・児童会長へ贈呈を行いました。