持続可能な開発目標SDGsとは
 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず先進国が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

株式会社谷組SDGs宣言
 SDGsは、先進国も含め、すべての国が取り組むべき普遍的(ユニバーサル)な目標となっています。
 株式会社谷組は、経営理念、企業理念のもと国連が掲げる持続的な開発目標「SDGs」を私たちの企業行動につなげ、お客様や地域の皆さんから信頼され、持続可能な地域社会の創造に貢献できる企業となれるよう目指します。建設業の強みを生かし、持続可能な成長戦略として、様々な取組を推進していきます。

株式会社谷組SDGs基本推進項目

株式会社谷組SDGs宣言


 経済産業省・健康経営優良法人2021を取得し、すべての職員の健康を推進するため、定期健康診断受診率100%を目標に、法定定期健康診断以上の生活習慣病予防健康診断を実施し、職員の健康を最優先で守る取組をおこなっています。
 また、新型コロナウイルス対策として、新型コロナウイルス行動計画(BCP)を策定し、濃厚接触及び感染者が発生した場合、対応マニュアルを基に敏速に対応できるよう努めてまいります。


 職員の資格取得を推進し、プロフェッショナルな技術職員を目指すため、社内資格取得補助制度を取り入れ、職員の生涯学習の場を提供するとともに、積極的な資格取得の機会を提供してまいります。また、新入社員に対して積極的に専門知識を学べる場の提供を行っていきたいと考えています。


 職員の男性技術職員の割合が高く、女性がいきいきと活躍するためにはワーク・ライフ・バランスの推進が必要との認識から、男女ともに働きやすい職場環境づくりを推進しています。(北海道・女性の活躍自主宣言、北海道なでしこ応援企業認定)  また、女性の活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し、女性の技術職員の割合及び女性管理職の割合を増加させる職場環境づくりを推進しています。


 環境にやさしい企業を目指し、「北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES・Step1)」を取得し、電気・水道の削減及び社有車の低燃費車両の計画的な導入をすすめていきたいと思います。  また、施工現場内で環境汚染事案が発生した場合の対応マニュアルの作成や環境家計簿を通して持続可能な社会の実現を目指します。


 人手不足が深刻化する中、定年を迎える職員(定年65歳)に対して70歳まで継続して働くことが出来る、嘱託職員再雇用制度を導入することにより持続可能な社会の実現を推進するとともに、家庭と仕事の両立を図るため積極的な週休二日制の導入や有給休暇の取得促進により、社員のワークライフバランスの実現を目指します。(北海道働き方改革推進企業・シルバー認定)


 高品質な土木工事を行うために、品質管理・法令順守・安全管理を徹底し、ICT(情報通信技術)技術の活用(ドローンを活用した3D測量など)により、効率的で高品質な施工体制の確立及び魅力ある建設現場を目指しています。


 当社は誰もが働きやすい環境を整えるため、障がい者の就労支援に積極的に取り組んでまいります。(北海道障害者就労支援企業認証登録)また、外国人技能実習生の積極的な雇用によるグローバル化を発展させ、多言語対応を可能としていきます。


 近年、異常気象による河川の増水や地震、暴風雪などの自然災害が発生する頻度が増え、災害発生時の体制及び地域のくらしの安全を守るために事業継続計画(BCP)を策定し、大規模災害が発生した際に敏速に対応できる体制を整えてまいります。(経済産業省・事業継続力強化計画認定)また、下川町が実施している町内一斉美化運動への参加や下川小学校4年生児童を対象とした出前教室の実施など、持続可能な社会の実現を目指しています。


 施工現場で使用する材料など、無駄のない発注による産業廃棄物の削減や低騒音・低排出ガス対策型の建設機械を使用、社有車のハイブリット車の積極的な導入を行い、持続可能な消費と生産のパターンを確保していきます。


 環境負荷軽減の取組として、コピー用紙の削減、グリーン購入対象商品等環境に配慮した取組を推進しています。また、地域の道路や側溝の除草ボランティアや天塩川クリーンアップ大作戦(河川敷清掃活動)による地域の美化活動へ積極的に参加するよう努めています。


 国・北海道・下川町との災害対策に関する防災協定を締結し、必要な人材・建設機械・資材の確保に協力することで災害の拡大防止、早期災害復旧体制を整えています。また、下請企業との連携を図るため、谷組協力会「いちいの会」とのパートナーシップの推進を図り、建設業を通じて、全ての人々が安心安全で幸せに暮らせる社会づくりを目指しています。


■株式会社谷組SDGs宣言書及びSDGs基本推進項目(A4版)は以下からダウンロードが可能です。

1 株式会社谷組SDGs宣言書(A4) PDF
2 SDGs基本推進項目について(A4/8P) PDF
TOP